suitebook FAQ ヘルプサイト

<初期設定> 手間いらずを利用する場合の事前準備〜その2(2020/6/18更新)

手間いらずの管理画面で、下記のPMS項目設定を行ってください。


ステップ1:データ設定情報の設定

  1. オプション > PMS項目設定 > 「施設データ情報」ページを開く


  2. 以下、赤い枠に括られた項目に関して、画像の内容と同じ設定にする

    施設コードは、貴社が施設を識別しやすい英数字で設定してください。
    例えば施設名称が「ホテル Minn」だと、施設コードを「Minn」として登録する、「Hotel Tokyo Bay」だと「TokyoBay」として登録する(ただの一例)


  3. 「設定する」を押して保存する


ステップ2:部屋情報の設定

  1. オプション > PMS項目設定 > 「部屋情報」ページを開く

  2. 以下、緑色の枠に括られた項目に関して、自らが管理しやすいテキストを設定する
  3. 「設定する」を押して保存する


ステップ3:
(今後 suitebookと AirbnbかVacation STAY の直接連動をしたい方のみ)
手間いらずとAirbnb、Vacation STAYとの連動を外す

手間いらず上でAirbnbとVacation STAYの連動を管理する方は、このステップをスキップしてください。

  1. 設定 > 予約サイト一覧 > Airbnbのモジュール利用を「利用しない」に変更する
    設定 > 予約サイト一覧 > Vacation STAYのモジュール利用を「利用しない」に変更する
  2. Airbnb管理画面で自分のアイコンを押して飛んだ先のページで、左のメニュ「連携済みアプリ」から、手間いらずを解除します。


ステップ4:エージェント情報の設定

  1. オプション > PMS項目設定 > 「エージェント情報」ページを開く

  2. 利用中のすべての予約サイトを選択し、設定を行う


  3. 例:楽天トラベルの場合
    以下、緑色の枠に括られた項目に関して、画像の内容と同じ設定にする

  4. すべての予約サイトを繰り返し、同じような設定を行う
    ※ 予約サイトによって、設定すべき内容が異なりますので、<こちらリンク先のPDFファイル> (2020/6/18 更新)の案内を沿って設定してください。
    ※ 予約サイトを追加するたび、掲載を始める前に、必ずこちらのエージェント情報の設定を行うようにお願いいたします。
    temairazu_agent_settings.pdf

  5. オプション > PMS項目設定 > 「エージェント情報確認」ページを開き、すべての予約サイトにおいて、
    以下、緑色の枠に括られた項目がすべて設定できていることを確認する


ステップ5:最終確認

  1. オプション > PMS項目設定 よりステップ1〜3の設定が完了しているかを確認する

  2. 「利用しない」チェックボックスのチェックを外し、「更新」を押す

これで事前準備が完了です。